レッドディザイア/海外競馬勝利日本馬

レッドディザイア

プロフィール

2009年、3歳でデビューした競走馬「レッドディザイア」は、「桜花賞」「優駿牝馬」「ローズステークス」などの競馬レースで好成績を残し、「秋華賞」で初のGI制覇を果たしました。


そして2010年、ドバイの「アルマクトゥームチャレンジラウンド3」に出走して優勝、さらに「ドバイワールドカップ」にも参戦しますが、14頭数中11位の成績でレースを終えます。



その後は「鼻出血」の発症などが影響し、徐々に好成績を残すことが難しくなり、2011年に引退、2012年に北海道・千歳市の「社台ファーム」で繁殖入りしました。


デビュー直後は非常に期待されていた競走馬でしたが、現役生活が短命に終わった優秀馬だったため意志を受け継ぐ産駒の誕生が期待されており、これまでにハービンジャー産駒レッドディヴェル、キングカメハメハのビッグディザイア、ノヴェリストの牝馬がいます。


2016年5月20日腹膜炎で死亡 )



詳細データ

●生年月日: 2006年4月19日

●馬種: 牝馬・鹿毛

●厩舎: 松永幹夫舎(栗東)

●馬主: 東京ホースレーシング

●生産地: 社台ファーム

●血統: 父/マンハッタンカフェ、母/グレイトサンライズ

●受賞歴: -

●海外競馬の成績・結果
出場年 開催国 レース 距離 着頭 騎手 調教師
2010年3月 アラブ首長国連邦 マクトゥームCR3 ダ2000m 01/14 O.ペリエ
2010年3月 アラブ首長国連邦 ドバイワールドカップ ダ2000m 11/14 C.スミヨン
2010年10月 アメリカ フラワーボウル招待 芝2000m 03/08 K.デザーモ
2010年11月 アメリカ BCフィリー&メアター 芝2200m 04/?? K.デザーモ

※ 画像引用元:netkeiba.com/http://www.netkeiba.com/




なぜ世界の金持ちは”ブックメーカー馬券”を購入するのか..?

日本で「競馬」といえば、新聞片手にレースに集中する年配層や飲んだくれの親父が楽しんでいるイメージが深いギャンブルですが、イギリスフランスアイルランドなど世界競馬の本場ヨーロッパやアメリカ、さらにドバイ香港シンガポールオーストラリアなどの海外競馬では、競馬場観客の多くが大富豪セレブであることを知っていましたか?



いわゆるお金持ちと呼ばれる彼らは、上流階級の社交場になっている競馬場での一時を楽しみながら、ちまたで売られる一般馬券ではなくブックメーカー馬券を購入し、さらなる資産形成を求めてエキサイティングなスポーツギャンブルに明け暮れているのです。



≫ 詳細はこちら


≫ 目次に戻る






関連記事

3月27日開催!ドバイワールドカップ2021

  1. 目次 1. ドバイワールドカップの観戦チケット  ・ドバイワールドカップ観戦チケットの予約方…
  2. 目次 1. メイダン競馬場の行き方・交通手段  ・メイダン競馬場へ行く交通手段は..?  …
  3. 目次 1. ドバイワールドカップの服装・ドレスコード 2. 今月のブックメーカーランキング …
  4. 目次 1. ドバイワールドカップ  ・ドバイワールドカップの概要  ・ドバイワールドカップ…
ページ上部へ戻る