ロイヤルランドウィック競馬場(オーストラリア)

目次

1. ロイヤルランドウィック競馬場
 ・ロイヤルランドウィック競馬場の概要
 ・ロイヤルランドウィック競馬場コースの特徴
 ・ロイヤルランドウィック競馬場の詳細データ
 ・ロイヤルランドウィック競馬場の地図
2. なぜ世界の金持ちは”ブックメーカー馬券”を購入するのか..?



ロイヤルランドウィック競馬場

1. ロイヤルランドウィック競馬場の概要

ロイヤルランドウィック競馬場」は、1833年に設立されたオーストラリア第2の都市・シドニーがあるニューサウスウェールズ州の競馬場で、ニューサウスウェールズ大学の北隣にあります。



tripb0038a
tripb0038b

tripb0038d
tripb0038f
* 下左写真:厩舎に戻る競走馬 / 下写真:ニューサウスウェールズ大学キャンパス



オーストラリアンターフクラブ」(ATC)が所有する豪州最大規模の施設で、「オーストラリアンダービー」開催地として知られています。また、直線コースの上り坂がきついことで、先頭を走る競走馬が勝ちにくい傾向にあるようです。競馬場近辺には、陸上競技場やフットボールスタジアム、クリケットグラウンドのほか、ゴルフ場、公園などが一堂に介するムーアパーク(Moore Park)があり、シドニーの生活観を垣間見れるかもしれません。


* “オーストラリアンターフクラブ”(ATC)は、”オーストラリアンジョッキークラブ”(AJC)、”シドニーターフクラブ”(STC)が合併したクラブです。



≫ 目次に戻る



2. ロイヤルランドウィック競馬場コースの特徴

周回方向: -

芝コース: 2254m / 直線410m(全天候馬場コースは2088m)

ダートコース: あり(トレーニング用)

障害コース: あり(トレーニング用)

主な開催レース: G1レース
オーストラリアンダービー(Australian Derby)
オーストラリアンオークス(AJC Oaks)
クイーンエリザベスステークス(AJC Queen Elizabeth Stakes)
サイアーズプロデュースステークス(AJC Sires Produce Stakes)
オールエイジドステークス(All Aged Stakes)
シャンペンステークス(Champagne Stakes)
ドンカスターハンデキャップ(Doncaster Handicap)
エプソムハンデキャップ(Epsom Handicap)
フライトステークス(Flight Stakes)
ジョージメインステークス(George Main Stakes)
クイーンオブザターフステークス(Queen Of The Turf Stakes)
ランドウィックギニーズ(Randwick Guineas)
スプリングチャンピオンステークス(Spring Champion Stakes)
シドニーカップ(Sydney Cup)
TJスミスステークス(TJ Smith Stakes)
メトロポリタンハンデキャップ(AJC Metropolitan Handicap)
…など



≫ 目次に戻る



3. ロイヤルランドウィック競馬場の詳細データ

名称: ロイヤルランドウィック競馬場(Royal Randwick Racecourse)

オープン日(開業日): 1833年

住所: Alison Road Randwick NSW 2031

電話: 1300-729-668 / info@australianturfclub.com.au

FAX: 02-9662-6292

公式サイト: https://www.australianturfclub.com.au/(オーストラリアンターフクラブ)

スタンド収容人数: -

入場料
一般入場(General Admission): 15AUD(年金受給者は7.5AUD)
会員券(Members Guest Ticketing): 35~55AHD

開催日: -

定休日: -

アクセス
1. セントラル駅からMascot駅(シドニー国際空港の次駅)まで電車(Airport & East Hills Line)で約7分(4AUD)。
2. Mascot駅からロイヤルランドウィック競馬場までタクシーで約5~10分(約20AUD)。(バスも利用可能)

備考
18歳未満は一般入場料が無料
一般駐車場は約5,000台収容



≫ 目次に戻る



4. ロイヤルランドウィック競馬場の地図




≫ 目次に戻る




なぜ世界の金持ちは”ブックメーカー馬券”を購入するのか..?

日本で「競馬」といえば、新聞片手にレースに集中する年配層や飲んだくれの親父が楽しんでいるイメージが深いギャンブルですが、イギリスフランスアイルランドなど世界競馬の本場ヨーロッパやアメリカ、さらにドバイ香港シンガポールオーストラリアなどの海外競馬では、競馬場観客の多くが大富豪セレブであることを知っていましたか?



いわゆるお金持ちと呼ばれる彼らは、上流階級の社交場になっている競馬場での一時を楽しみながら、ちまたで売られる一般馬券ではなくブックメーカー馬券を購入し、さらなる資産形成を求めてエキサイティングなスポーツギャンブルに明け暮れているのです。



≫ 詳細はこちら


≫ 目次に戻る

関連記事

3月27日開催!ドバイワールドカップ2021

  1. 目次 1. ドバイワールドカップの観戦チケット  ・ドバイワールドカップ観戦チケットの予約方…
  2. 目次 1. メイダン競馬場の行き方・交通手段  ・メイダン競馬場へ行く交通手段は..?  …
  3. 目次 1. ドバイワールドカップの服装・ドレスコード 2. 今月のブックメーカーランキング …
  4. 目次 1. ドバイワールドカップ  ・ドバイワールドカップの概要  ・ドバイワールドカップ…
ページ上部へ戻る